EDへの対処方法

それでは、順を追って説明したいと思います。

まずは、心因性が原因の機能性勃起障害の対処方法について。

機能性勃起障害については、その特性からカウンセリングをはじめとする心理療法がその対処方法になります。ただ、その原因が一時的な疲れやストレスといったこともありますので、早急に自分のことをED(勃起障害)と決めつけるのはあまりよい判断ではないと思います。

例えば、ストレスチェックを行ったりすることで、まずは自分の生活や環境を見直してみることも大事です。実際に私は生活環境の改善を行うことがED(勃起障害)克服への最初の一歩でした。(※症状が重い場合は内科を訪ねましょう。)

身体的な原因による器質性勃起障害方法について

器質性勃起障害の場合は、その特性から医師による適切な処置が必要となります。まずは専門医を訪ねることからはじめましょう。

混合型勃起障害の対処方法について

混合型勃起障害には機能性勃起障害(心因性)と器質性勃起障害(身体的)が併発しているものと基礎疾患(糖尿病や高血圧、腎不全、泌尿器疾患)との併発がありますが、いずれも医師による適切な処置が必要となりますので、専門医を訪ねましょう。

その他の勃起障害の対処方法について

加齢による勃起障害については、現在のところこれといったはっきりとした原因は認めらていないようです。ただし、100歳を超えるような高齢の方を除けば諦める必要はなさそうです。その他、原因不明のものなどは医師の判断を仰ぐことが賢明であると思われます。

では、次にEDと治療薬について見ていきたいと思います。

次のページ⇒ED治療薬について

よく読まれている記事ランキング

    1位.私のED克服体験記

    2位.勃起障害・勃起不全対策|精力サプリメント総合おすすめランキング

    3位.アルギニンの効果・効能とおすすめサプリ

    4位.EDとマカの効果 -おすすめサプリメントも-

    5位.EDの仕組みについて

    6位.シトルリンの効果・効能と副作用について

    7位.オルニチンの効果・効能と副作用について

    8位.着色料・香科・保存料がゼロかほとんどない-精力サプリメントランキング-

    9位.安い!低価格で精力サプリを試したい-おすすめサプリメントランキング-

    10位.ピクノジェノールの効果・効能とおすすめサプリ