性感染症の検査

ここでは性感染症(性病)の検査について考えてみたいと思います。

性感染症とEDの項でも詳しく説明していますが、21世紀に入って、性感染症はますますその拡大を強めています。クラミジア、淋病などに代表される性感染症だけでなくHIV(エイズ)も増加の一途を辿っています。

それらの病気を放置しておくことは、後々大変な危険を伴う可能性がありますので、十分注意が必要です。

例えば、女性では5人に1人の割合いでしか症状がないと言われているクラミジアは、長く放置することで「骨盤内感染症」からくる不妊症、流産・早産、母子感染など極めて深刻な問題を招く可能性があると言われています。

また、クラミジアはそういった出産時の問題だけではなく、「骨盤内感染症」がさらに腹腔を上行して肝臓の周囲に炎症をおこして、“右の上部脇腹に強い痛み” を覚え、救急病院に運ばれるというケースまで報告されています。

男性におきましても、女性同様、自覚症状がないケースから「副睾丸炎」や「慢性前立腺炎」を招く例やED(勃起障害)に発展するケースまで様々で、放置しておくことは大変な危険を伴います。

これらのクラミジアや淋病の現在の性感染症の拡大の背景には、上に挙げたような「自覚症状の無さ」や「オーラル・セックスの一般化」、「性文化の多様化」などがあると言われ、さらにそれらの性感染症の感染がさらに別の感染症を招いていると言われています。

クラミジア感染者がHIV(エイズ)にかかる確率は、無感染の人よりもなんと、”3~4倍”も高いと言われています。(以上、参考文献 (財)性の健康医学財団)

自覚症状がないだけにその実態を正確に掴むことは容易ではないといわれている現代の性感染症ですが、年代を問わず拡大傾向にあり、潜在的にはまだまだ増えると言われています。

私は過去にED(勃起障害)に悩まされた際に、泌尿器科を訪れ、その際に性感染症の検査を受けました。その泌尿器科の医師に直接聞いて驚いたのですが、最近、性感染症とは違う症状で病院を訪れた患者が、性感染症に感染していることが分かるケースが増加しているとのことでした…。

医師の話ではやはり「自覚症状がないこと」「潜伏期間が長いこと」が原因として挙げらるとのことでした。※さらに裏話として聞いたのですが、その医師によると、医師でも注意深く見ないと見落としてしまいそうになるほどのケースもあるそうです。

私は毎年、勤務先で行われる健康診断を受けていますが、こういった一連の事実を知り、最近では毎年自分で健康診断とは別に「性感染症」の検査を受けています。もちろん、妻も受けています。

最初は泌尿器科を訪れていたのですが、最近ではインターネット経由で簡単に検査を受けることができるようになりましたので、専らそちらを使用しています。病院で長い時間待たされたりこともないですし、恥ずかしい思いもしないで済みます。

以下で簡単にご紹介させて頂きます。

性病検査 STDチェッカー

運営会社の早川予防衛生研究所は昭和29年設立の歴史のある会社で、サイト名はその名もSTD(性感染症)研究所です。性病・性感染症に関する総合サイトで、大変参考になるサイトです。私がこちらのサイトを気にっている理由は、プライバシー保護対策に力を入れているところです。

例えば、外からでは、中身が判別できない包装になっていますし、郵便局留めや定型外郵便での発送が可能なので、自宅以外に配送して欲しい場合にも役に立ちます。実際に私の友人に頼まれて、その友人のために郵便局留めを使用しました。

またこちらのサイトでは、検査申し込み書には、住所や名前は不要の上、インターネット上で本人のみが確認できる仕組みになっていて、商品名はもちろん、振込票にもSTDに関する表記は入らないという徹底ぶりです。

よく読まれている記事ランキング

    1位.私のED克服体験記

    2位.勃起障害・勃起不全対策|精力サプリメント総合おすすめランキング

    3位.アルギニンの効果・効能とおすすめサプリ

    4位.EDとマカの効果 -おすすめサプリメントも-

    5位.EDの仕組みについて

    6位.シトルリンの効果・効能と副作用について

    7位.オルニチンの効果・効能と副作用について

    8位.着色料・香科・保存料がゼロかほとんどない-精力サプリメントランキング-

    9位.安い!低価格で精力サプリを試したい-おすすめサプリメントランキング-

    10位.ピクノジェノールの効果・効能とおすすめサプリ