トンカットアリの効果・効能と副作用について

東南アジアを中心に古くから愛飲されてきた伝統的なメディカル・ハーブ(薬草)であり、マレーシア政府とマサチューセッツ工科大学の共同研究により開発されたトンカットアリ根水抽出物が日米欧で特許取得されるなど、人間の健康機能へ与える影響が広く認められているトンカットアリ(別名:”ロング・ジャック”)。

日本でも清涼飲料水や精力剤で、その名を目にすることも多く、実際のところ、どんな成分があるのかというのは気になるところではないでしょうか。

そこで、今回はトンカットアリについて説明していきたいと思います。

トンカットアリの効果・効能

メディカル・ハーブ(薬草)として広く普及が進んでいるマレーシア、日本、アメリカなどでは、トンカットアリは下記のような効果・効能のために、使われています。

〇滋養強壮・疲労回復
〇性的欲求の亢進
〇精子数の増加
〇精子の質の向上
〇男性の勃起力向上
〇抗腫瘍
〇性的免疫力の強化
〇性的持久力の向上
〇血圧低下
〇抗マラリア

参考文献/Complementary & Alternative Medicine for Prostate and Urologic Health

トンカットアリの成分と副作用

トンカットアリ化学的な成分は、ユーリコマノン 、13α-エポキシューリコマノン、ユーリコマラクトン 、14,15β-ジヒドロキシクライネアノンなどで構成されていることが分かっています。

副作用は、報告例がありませんが、トンカットアリの安全性について最も懸念すべきは、トンカットアリとして発売されている製品の”質”という指摘があります。

メディカル・ハーブ(薬草)として伝統的に利用されているトンカットアリの主成分であるユーリコマノンが多く含まれているのは、トンカットアリの根茎部分だけで、葉などのその他の部分については、世間のイメージほど、トンカットアリの効果があるかどうかというのは科学的な検証が少なく、また、トンカットアリの根茎部分を採取できる地域が極めて限られていることから、そうした疑問が投げかけられています。

つまり、トンカットアリ配合と声高に謳っているサプリメントが、男性の性機能に影響を与えるほどの効果があるかどうかは、そのトンカットアリ粉末がどこから採取してきて、製品化したものであるかにより、かなり異なる可能性があるというのです。

ちなみにトンカットアリの普及が進んでいるマレーシアでは、そうした意見を懸念しているかどうかは分かりませんが、政府が許可した業者のみ販売が許されているという状況になっています。

参考文献/Phytopharmacy: An Evidence-Based Guide to Herbal Medicinal Products

トンカットアリの科学的な裏付け

メディカル・ハーブとして、上記の効果・効能で知られるトンカットアリについては、幾つかの研究結果が報告されています。

例えば、有名な報告には下記のようなものがあります。

30歳から55歳までの男性109人を対象に12週間に渡って行われたトンカットアリ根水抽出物による実験では、男性の勃起力の回復、性欲アップ、精子の数の増加、精子の質の改善といった研究結果が得られています。

情報元/Randomized Clinical Trial on the Use of PHYSTA Freeze-Dried Water Extract of Eurycoma longifolia for the Improvement of Quality of Life and Sexual Well-Being in Men. -U.S. National Library of Medicine-

また、BioMed Central社で行われた実験では、男性・女性合わせて63名を対象に4週間に渡って行われた実験では、ストレス緩和のためのアプローチとしてポジティブである可能性を示唆するデータが得られたとあります。

情報元/Effect of Tongkat Ali on stress hormones and psychological mood state in moderately stressed subjects. -BioMed Central Ltd-

トンカットアリの効果・効能についての個人的な感想

トンカットアリが男性の勃起機能にどれほどの効果があるかというのは、上記の研究結果を見る限り、”内容次第・・”というのが率直な感想です。

つまり、トンカットアリと一口に言いましても、その男性機能に与える影響は、どの地域のどの部分から抽出したものかによって、かなり異なることが予想されるからです。

少なくともマレーシア産であること、そして、できれば根茎部分からの粉末でなければ、製品を購入する前に寄せた大きな期待は、残念な結果に終わる可能性が高いと思います。

とは言うものの、マレーシアを中心に、古くからメディカル・ハーブ(薬草)として活用されているという「実績」もありますので、継続的に摂取を続けることで、緩やかに性機能の改善をサポートしてくれる可能性がないとも言い切れません。

天然由来の植物で、副作用もほとんどありませんので、トンカットアリに興味がある方は、サプリメントやメディカル・ハーブ(煎じて飲むなど)として試してみるというのも、男性機能の回復や性欲アップを考えている人にとっては、一つの選択肢になるかと思います。

よく読まれている記事ランキング

    1位.私のED克服体験記

    2位.勃起障害・勃起不全対策|精力サプリメント総合おすすめランキング

    3位.アルギニンの効果・効能とおすすめサプリ

    4位.EDとマカの効果 -おすすめサプリメントも-

    5位.EDの仕組みについて

    6位.シトルリンの効果・効能と副作用について

    7位.オルニチンの効果・効能と副作用について

    8位.着色料・香科・保存料がゼロかほとんどない-精力サプリメントランキング-

    9位.安い!低価格で精力サプリを試したい-おすすめサプリメントランキング-

    10位.ピクノジェノールの効果・効能とおすすめサプリ