セレンの効果とED

ここでは、セレン(セレニウム)について説明したいと思います。

亜鉛同様、精力剤や性機能改善向けの健康商品に多く使われているミネラルです。

最初に結論から言いますと、セレンについては通常の食生活を送っていれば、日常的に不足するということは、ほとんどないと考えられます。

また、セレンは摂取量が極端に少ないなど特別な理由がない限り、EDなどの性機能障害に影響があるということはほとんどないと考えられます。

ただし、セレンの不足は、千葉百子医学博士(順天堂大学医学部)によると精子の数に影響が出てくる可能性があるとのことですので、セレンについての過度の軽視は禁物と言えるでしょう。

では、セレンがどういったものか見ていきましょう。

セレンまたはセレニウムはアメリカ国立がん研究所が34.000人を対象に行った「セレンとビタミンEによるがん予防試験」の12年間に及ぶデータから、その有効性が証明されたというミネラルで、更年期障害の改善、神経機能の向上、内臓疾患の回復、循環系疾患の予防、体内の有害金属の働きを封じ込める作用などがあるといわれています。(提供ヘルスライフビジネス)

しかし、セレンについて重要なことは過剰な摂取は危険性があるということです。

2000年4月に労働厚生省により策定された「第六次日本人の栄養所要量」によれば、

セレンの一日所要量は男性で60μg、女性で45μgと記されており、上限許容量:250μgとなっています。

過剰摂取による健康障害例としては、「毒性が強く吐き気や脱毛などの中毒症状が出ることがある」とあります。

セレンと性機能の関係

精子細胞には特にセレンの含有量が多いことが報告されており、男性の場合、摂取したセレンの25~40%が生殖器に集中していると言われています。

またセレンを摂取した場合、セレンはセレノプロティンというタンパク質の形で存在し、生殖器以外では数時間でピークに達し、その後は低下する一方なのに、生殖器では約、数時間にわたって安定したタンパク質の形で残存すると言われています。

<まとめ>

セレンは確かに、生殖器をはじめ性機能に多少、影響があるものの、私達日本人は、通常の食生活の中でほぼ必要量を摂取していると考えられます。むしろ、サプリメントなどを通じてのセレンの過剰摂取による弊害の方に注意した方がいいでしょう。

【広告】

よく読まれている記事ランキング

    1位.私のED克服体験記

    2位.勃起障害・勃起不全対策|精力サプリメント総合おすすめランキング

    3位.アルギニンの効果・効能とおすすめサプリ

    4位.EDとマカの効果 -おすすめサプリメントも-

    5位.EDの仕組みについて

    6位.シトルリンの効果・効能と副作用について

    7位.オルニチンの効果・効能と副作用について

    8位.着色料・香科・保存料がゼロかほとんどない-精力サプリメントランキング-

    9位.安い!低価格で精力サプリを試したい-おすすめサプリメントランキング-

    10位.ピクノジェノールの効果・効能とおすすめサプリ

更新情報

    2017.5.13「イミダペプチド」を実体験をもとにレビュー(日本予防医薬)

    2017.2.3疲れが取れない・・元気がない・・オトコのための疲れを取る方法

    2016.10.28オリーブオイルが勃起不全を改善する可能性と期待できる効果のまとめ