現代社会とED

特殊な病気と思われがちなEDですが、もはや現代社会においては特殊とは言えない程、浸透してきています。

ここでは、EDの現状とその増加の背景についておおまかに説明していきたいと思います。

まず、※ファイザー(株)社内資料から引用させて頂きます。

<引用開始>

2002年に日本におけるEDの推定患者数は約1,130万人です。そのうちED治療を受けた患者さんは、約91万人です(※)。ちなみに、日本の推定潜在糖尿病患者数は1,620万人、そのうち治療を受けている患者さんは374万人、推定潜在高血圧症患者数は3,400万人、そのうち治療を受けている患者さんは1060万人と言われています(推定潜在患者数は未治療患者を含む)。

<引用終了>

また先進国におけるEDの患者数は人口の約1割程度、つまり10人に1人とも言われています。10人に1人という割合は、もはや特殊なケースに相当する病気とは決して言えません。

またEDはその病気の特性、男性にはナーバスな問題であるので、その病気の程度に関わらず、治療を受けていない患者が多く、EDのまま過ごしている方も少なからずいると考えられています。

では、EDがどうしてここまで増加してきたのでしょうか?

現代は日本に限らず先進国の多くは高度に成長した結果、過大なストレス、栄養過多などを代表とする病気を生んできました。ひと昔前までは、あまり注目されることがなかった病気がいまでは当たり前のようになり、そしてその数を伸ばしてきています。

そうです。その中の一つにEDがあります。

EDは大きくは心か体、そしてその両方が問題となっています。EDも一昔前までは精神的なものがほとんどと言われてきました。今でもそう思われている方も多いかもしれません。

しかし、現在のEDは様々な原因が混在した混合型が増えているとも言われています。またそのため、治療の方法も多岐に渡っています。

現代社会においてもはや珍しい病気ではなく、むしろ増加傾向にあるEDは現代病の一つと言えるのではないかと思います。

よく読まれている記事ランキング

    1位.私のED克服体験記

    2位.勃起障害・勃起不全対策|精力サプリメント総合おすすめランキング

    3位.アルギニンの効果・効能とおすすめサプリ

    4位.EDとマカの効果 -おすすめサプリメントも-

    5位.EDの仕組みについて

    6位.シトルリンの効果・効能と副作用について

    7位.オルニチンの効果・効能と副作用について

    8位.着色料・香科・保存料がゼロかほとんどない-精力サプリメントランキング-

    9位.安い!低価格で精力サプリを試したい-おすすめサプリメントランキング-

    10位.ピクノジェノールの効果・効能とおすすめサプリ